診断基準が難しいうつ病【精神的な安定を手に入れよう】

看護師

こころの病を治すには

基本的なこと

カウンセリング

うつ病には様々な症状があります。気分が酷く落ち込んだり、以前楽しめていた趣味や物事に対し無関心になることの他に、睡眠がうまく取れないことや食欲の低下などのことなどが起きます。それ以外にも、動作や会話のテンポが遅れ、身体の機能面に問題が生じたり、集中力や思考力が著しく低下するなど、日常生活において影響が発生し、社会的にも不憫に感じたりもします。また、自身の無価値観や自殺願望などが現れるのがうつ病の特徴です。うつ病の診断基準の材料としてそれらのことが一般的によく挙げられます。しかし、注意しなくてはいけないのは、必ずしもうつ病だという診断基準が存在しないということです。医師と患者、あるいは患者の関係者との話し合いの中で適切な判断基準や治療方法を検討していきます。ですので、うつ病の治療には、長い期間が必要であることを覚悟して、性急に結果がでることに期待を抱かないことです。素人のやみくもな判断では、うつ病患者のこころの負担を大きくし、よりうつ病の症状を悪化させるリスクがあります。長い目を持って、時間をかけて解決していくことが何よりも必要です。

治療には正しい知識を

うつ病改善には、診断基準の他に正しい知識を持つことが必要不可欠です。一概に世間で広まっているうつ病の診断基準を知っていても、うつ病の種類は数多く存在するので、必ずしも信頼できるものではありません。例えば、うつ病と聞くとその人の気持ちの問題であると思われるものかとされていますが、脳の機能低下により、精神や肉体に症状が現れるものです。人の心理とは奥深いもので、明確な発症メカニズムは断定的なことはわかっていないのが事実です。それでも、うつ病治療の基本には、十分な休養と睡眠、薬物投与が候補として挙げられています。脳を休めることは重要であるのは多くの人は理解できるものであると思います。しかし、薬物による治療と聞くと、抵抗に感じる人は少ないはないはずです。うつ病の中には身体の休養だけでは直しきれないパターンがあります。そのまま放っておけばよりうつ病を深刻化させる危険が伴います。薬に頼りたくない、と思う人でも、適切な治療でなければ改善できないというケースもあるということを頭に入れておき、薬物投与も治療の為の選択肢のひとつとして考えるべきです。医師の正しい指導の元でなら、薬による治療も概ね問題はないはずです。