診断基準が難しいうつ病【精神的な安定を手に入れよう】

看護師

自分と向き合う

セルフチェックとは

悩み

うつ病の診断基準というのはとても難しくて、医師でもわからない場合も多々あります。うつ状態に陥っているのは心の問題のため、誰かに気づいてもらおうとする前に自分からうつ病を疑い、ウェブでのセルフチェックや本にある項目を見て自分に当てはまる部分がいくつあるかを診断することが良いとされています。自分はうつ病ではないのかと疑う理由は様々で、相当追い詰められた状態のものもあればストレスが溜ってなんだかめんどくさいというような軽いものもあります。セルフチェックでは自身がどのくらいの症状なのかを知ることができ、サイトによって診断基準に少しの差はありますが大体の状況をチェックすることができます。だるいと感じることがあるか、趣味や楽しいと思うことはあるか、いつ無気力感を感じるか頭痛や肩こりはあるかなど、項目は様々でどのくらい当てはまるかによってうつ病かその前段階かを知ることができます。診断基準によってうつか否かが異なることもあるのでその時は病院に行って医師に診てもらいましょう。

どのような治療を受けるか

診断基準の差によってうつ病の治療は変わってきます。セルフチェックや医師の診断で軽いうつ病だと判断された場合は十分な休養をとるというような治療法があって、専門の施設で心を落ち着かせる治療をします。しかし重いうつ病だと判断された場合は治療薬による治療が行われます。この抗うつ剤にもいろいろな種類があって、場面によって使い分けられます。最初にも言った通りうつ病の診断基準というのはとても難しいとされていて、ほかの病気のように目に見えるものではないため抗うつ剤欲しさにうつ病を演じる患者もいると聞きますが、医師はその状態に合わせた薬を出すためうつ病でないのに抗うつ剤を飲むのは危険です。我慢をするのは行けませんが、過剰に振る舞うのもいけません。これまで言ってきたように、うつ病の治療は診断基準の違いによっても異なるため、病院で治療を受けているのにちっとも良くならないようなことがあればほかの病院への紹介状を出してもらい診察してもらった方がいいかもしれません。